Googleアンケートフォームを使う前に知っておくべきポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
マーケティングリサーチアドバイザーの渡邉 俊です。

今日は1つ質問をいただきましたので、それについてお答えしようと思います。

私は仕事でGoogleアンケートを使ってお客様の声を収集しているのですが、これではダメなんでしょうか?
QuestantなどのWebアンケートサイトとの違いがあるのでしたら教えて下さい。

という質問です。

そうですね、Googleアンケートのフォームを使っている人は最近よく見かけます。

回答結果は自動で収集されますし、設問のテンプレートもありますので簡単にアンケートを作成できることがポイントです。
そして何しろ無料というのも大きなメリットだと思います。

ただ、例えばイベントやセミナーに出席してくれた方にアンケートを配るとか、町内会の皆さんに簡単に意見を聴く、または結婚式の出欠確認として使う・・・などの用途であればこれで十分ですが、

ビジネスにおけるマーケティング調査の為に使うのであれば、物足りない部分があります。

それを知った上で活用いただくなら構わないのですが、その点について今日は説明したいと思います。

 

Googleアンケートをビジネスで使用する前に知っておくべきこと

回答者が限定されてしまう(モニターパネルを活用できない)

上記のように、イベントやセミナーの出席者や自分の商品を買ってくれた方など連絡先を知っている方にアンケートを送るのであれば、Googleアンケートでも問題ないのかなと思います。

しかし、マーケティングリサーチを行う場合、自分の友人知人だけにアンケートを答えてもらうというケースはそれほど多くありません。
むしろ、不特定多数の方の意見を聴取する事がほとんどです。

例えば、自分が開発または販売している商品について中立的な意見が欲しい、世間一般の自社のブランドイメージを知りたいなどの場合は、友人知人ではなく、第三者の方にたくさん聴く必要があります。

従いまして、このような調査はGoogleアンケートだとかなり難しいのです。

 

マクロミルやSurvey Monkeyなどのマーケティング調査専用のWebアンケートサイトには、『アンケートモニターパネル』と呼ばれる登録されたアンケートモニターの方に回答してもらうシステムがあります。

大きなパネルを所有しているサイトであれば数百万人の方がモニターとして登録していますので、この方々にアンケート調査を行えばかなり中立的、第三者的な意見を回収する事が可能です。

また、例えばペットショップを経営している方が「東京都内で犬を飼っている人」に対してアンケートを取りたいというのであれば、アンケートモニターの中からそういった方をピックアップしてもらって回答してもらう事もできます。
(この作業をスクリーニングといいます)

 

Googleフォームの場合、この『アンケートモニターパネル』はありません。
どうしてもGoogleフォームで第三者の意見を集めたいのであれば、回答者を集める為には自分のブログやホームページ、SNSなどで自分で告知をする必要があります。
(要するにアンケートの『集客』は自分でやらないといけないという事です。)

またスクリーニングもできませんので、例えばアンケートのタイトルに『東京都内で犬を飼っている人だけ答えてください!』と詠えば何とかなるかもしれませんが、その場合回答数を稼ぐのは至難の業です。

 

ただ前述の通り、スクリーニングは必要なくて回答者は一般の方なら誰でもいい、また自分のブログは読者が多くてアンケートの集客もできる見込みがあるというのであれば、Googleフォームもマーケティング調査を行うシステムとしてある程度は活用できると思います。

 

回答者の本音を得る機能がない

『アンケートマーケティングは、如何にして回答者の本音を得る設計になっているかが肝』
という事をこれまでに何度かお話しましたが、そもそもGoogleのアンケートフォームはマーケティング用途目的で
作られていないので、機能も物足りない所があります。

例えば、マーケティング調査専用のWebアンケートサイトには絶対ある『ランダマイズ』という機能。
これはGoogleにはありません。

『ランダマイズ』とは何かというと、表示する選択肢の順番を回答者によってランダムに表示する機能です。
例として、

Q) あなたが好きな麺類は何ですか?次の選択肢の中から全てお答え下さい。

1.ラーメン
2.うどん
3.そば
4.スパゲッティ



19.ジャージャー麺
20.焼きそば

という形で、1つの設問に対し選択肢が20個くらいあったとします。

実はここまで選択肢が多くなってしまうと、人間の心理として最初の辺りと最後の辺りにある選択肢を選ぶ傾向が高くなります。
逆を言うと、真ん中付近の選択肢はあまり選ばれません。

これは、選択肢が多くなるほど全ての選択肢に目を通さなくなり、中でも比較的目立つ最初と最後のみ確認する
という傾向が強くなってしまう為です。

こういう時はランダマイズという機能を通常使い、回答者によって選択肢の順番をランダムに表示させ、選択肢が表示されている「場所」の影響を取り除くのです。

 

このランダマイズを使ったアンケートと使わなかったアンケートでは回答結果が全く異なることが既に証明されており、マーケティング調査を行う場合は普通に使うかなり重要な機能なのですが、Googleアンケートフォームにはこの機能はありません。

※ランダマイズについては以下でもっと詳しく説明していますので、是非見てください!

 

1つの設問ごとに改ページできない

またサイトの機能の話をすると、Googleフォームでは『全ての設問がアンケートページを開けた途端に確認できてしまう』という問題があります。
ちょっと地味な話ですが、これはとても大事です。

回答者がアンケートのページを開けた途端に最初から最後まで全ての設問が見えてしまうと、設問者がアンケートに仕込んだ「ネタ」がばれてしまいます。

小説などでも、どのような展開になるのかがわからない状態で読んだ方が良いのと同じで、アンケートも「この先何を聴かれるのかわからない状態」で回答してもらう方が本音で答えてもらえるのです。

その為、マーケティング調査専用のWebアンケートサイトでは必要に応じて1問ごとに改ページを設ける事ができるようになっています。

 

他にもGoogleフォームだと物足りない点があります。

無料で簡単にアンケートが作成できる事がGoogleフォームの売りですが、ビジネスで使うとなるとかなり制約がありますので、多少お金をかけてでもマーケティング調査専用のWebアンケートサイトを使う事をお勧めします。

 

マーケティング調査にかかる費用は「消費」ではなく「投資」です!
マーケティング調査をきちんとやった事でこれまで気づかなった事がわかり、大きくビジネスが改善した事例は星の数ほどあります。

是非ケチらずにいきましょう!

※アンケートマーケティングのノウハウをメルマガで!

マーケティングリサーチ。
少しでも興味を持っていただきましたでしょうか?

あなたの知らないノウハウがまだまだ沢山あります。
面白くて奥深いマーケティングリサーチの種明かし。
中でもあなたのビジネスにすぐに役立つ『アンケートマーケティング』の世界。
もう少しのぞいちゃいますか?

⇒アンケートをあなたのビジネスの武器にする『アンケートマーケティング』メール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

代表プロフィール



Facebook