アンケートの作り方を『ナンパ』に例えると

こんにちは!
マーケティングリサーチアドバイザーの渡邉俊です。

 

私の友人に、昔ナンパ師だったという人がいます。

学生時代、ほとんど大学にも行かず、昼間はバイトをして、夜になると毎晩渋谷のセンター街に行って女の子をナンパしていたらしいです。

そこだけ話すと何ともロクでもない人間だと思うかもしれませんが、現在は有名証券会社で課長をしており、部下がいる身となっています。

昔ロクでもなかった奴ほど案外出世するのかもしれません (笑)

 

で、そいつとある日一緒に飲んでいた時、頼んでもいないのに『ナンパのコツ』について話をしてくれました。

何でもナンパには、『成功させる為の会話のフレームワーク』いうものがあるそうです。

 

彼曰く、ナンパとは女の子との言葉のキャッチボールな訳でいきなり『一緒に遊びませんか?』と誘ってしまうと成功率が下がってしまい、返答しやすい質問から話すのが成功へのセオリーだとの事です。

 

『どこから来たの?』
『仕事してるの?それとも学生?』
『出身はどこ?』

 

この辺りが女の子に最初にする典型的な質問で、自分と女の子の共通項を探し、その共通の話題を見つけたら徐々に遊びに誘っていく・・・

これが成功へのフレームワークだと。

 

さて。

このサイトはナンパのやり方を伝授する為のものではありません(笑)

 

しかし、マーケティングリサーチもナンパと同じでまずはインタビューするにしても、アンケートを取るにしても回答者に対する『質問の順番』というのが超重要事項です。

今日はそれについてお話しします。

 

回答者のウォーミングアップを大切に

 

ここにある食生活に関するアンケート調査の1問目があります。
皆さんならどちらが回答しやすいと思いますか?

 

1)当社の新商品についてどんな点が魅力的と思いますか。
2)あなたの性別をお答え下さい。

 

まあ、ほとんどの方は2)の方が回答しやすいと感じていると思います。

なぜなら、1)は自分の考えをまとめないといけないのに対し、2)は事実を答えればよいだけだからです。

 

このように質問というモノには2つの種類があります。

それは、
・『事実』を回答する設問
・『自分の思いや考え』を回答する設問

です。

通常アンケートでもインタビューでもそうなのですが、マーケティングリサーチでは、前半はなるべく直感で簡単に答えられる質問をし、回答者が考えないといけない質問は後半にした方が良いのです。

例えば、

「あなたの性別をお答え下さい」
「あなたの年齢を教えて下さい」
「同居しているご家族はいますか?」

など、特に考えなくても頭にパッと答えが浮かぶような『事実』を答えてもらう質問をまず最初に行います。

そうすると、回答者は「このアンケートは簡単に答えられそうだ」という安心感を抱き、質問に答えていくうちにテンポも良くなって回答する事が苦ではなくなります。

もちろん、ただ事実だけを聞いていては効果的なアンケートとは言えませんが、この「事実」の確認をアンケートの先頭に持ってくることが、使い方によっては効果的な戦略となります。

 

回答者の脳内環境を作る

 

調査の前半で回答者にまつわる基本的な「事実」の確認をするのが良いと説明しました。
ここにも、回答者の本音を引き出す為の「コツ」があります。

 

先程の例では、性別や年齢、家族構成などの基本的な情報を前半に質問しました。

これが『食生活』に関するアンケートであるならば、ここに続けて少しずつ本題に入っていきます。

「朝食は毎日何時頃に摂りますか?」
「スーパーなどでお惣菜を購入する事はありますか?」
「食生活で栄養バランスをどの程度気にしていますか?」

・・・などです。

こうして『事実確認』を行いながら、少しずつ自分が本当に聴きたい事を質問する方向に誘導していく事で、回答者の頭の中を後半に必要な情報で埋めていき、本当に聞きたい質問をした時に答えやすい脳内環境を作り出しておくのです。

 

これは人間の記憶の仕組みにも関係しています。

人間の記憶というのは連鎖的に思い出される性質があると言われています。

例えば「好きな色はなんですか?」という質問に対して「赤」と答えた人に「好きな果物はなんですか?」と聞くと、「リンゴ」や「イチゴ」「スイカ(身が赤い)」など赤いイメージの果物を思い浮かべる傾向があります。

 

アンケートでもこの「記憶」がもつ性質を活用し、質問に関連性を持たせる事でこちらが聞きたい本音を回答者から聞き出しやすくできるのです。

 

回答形式は可能な限り「選択式」に

アンケートではまず「事実」を確認していき、少しずつ「本当に聴きたい事」を質問していくと効果的だと説明しましたが1つだけ注意点があります。

それは、回答形式は可能な限り『記述式』ではなく「選択式」にするという事です。

 

 

アンケートでは、シンプルな形式の方が回答者のストレスが少なくて済みます。

特にQuestantなどのセルフ型Webアンケートを利用する場合、次の質問にどんどん進める単一回答型の方が、最後までアンケートに目を通してもらえる割合が高くなります。

 

これが『記述式』の質問だと「面倒くさいからやめた!」といってページを離れてしまう人もいるので、『選択式』の質問形式にする事の重要性は覚えて頂いた方が良いでしょう。

 

アンケートにストレスは大敵!

アンケートを作る際に多くの人が犯してしまう失敗は「欲張って色々と聞きすぎてしまう事」です。

答えて欲しい内容が多いと、ついつい自由回答欄を作って『記述式』の質問を用意してしまうのですが、これは逆効果です。

 

先程も書きましたが、特にQuestantなどのWebアンケートでは少しでも「このアンケートは面倒くさい」と思われたらページから離れられてしまいます。

せっかくアンケートのページに来てもらったのに途中で回答するのをやめられてしまったら意味がありません。

アンケートを作る上で回答者がストレスを感じるような質問は大敵なのです!

 

アンケートの序盤では基本的な「事実」の確認をし少しずつ「本当に聴きたい質問」に徐々に移行していき、回答者の脳内環境が整理できた頃合いを見計らって一番聴きたい質問をする。

これが回答者にストレスを感じさせずに本音を聞き出すテクニックなのです。

 

最初にナンパの話をしましたが、このような『答えやすい質問からしていく』という流れはマーケティングリサーチに限らず、日常生活の中で実は誰でも自然とやっている事なのです。

例えば、取引先のお客様と商談を成立させたい時、いきなり本題に入る方は少ないでしょう。

まず適当な世間話をして、少しずつ取引先のお客様との心の距離を縮めるという手順を踏むと思います。

別に難しいことではなく、日常生活やビジネスでの会話の流れをそのままマーケティングリサーチにも適用すればいいだけなのです。

 

※アンケートマーケティングのノウハウをメルマガで!

マーケティングリサーチ。
少しでも興味を持っていただきましたでしょうか?

あなたの知らないノウハウがまだまだ沢山あります。
面白くて奥深いマーケティングリサーチの種明かし。
中でもあなたのビジネスにすぐに役立つ『アンケートマーケティング』の世界。
もう少しのぞいちゃいますか?

⇒アンケートをあなたのビジネスの武器にする『アンケートマーケティング』メール講座

関連記事

代表プロフィール

Facebook

AX