『たった1枚のアンケート』があなたのビジネスに革命をもたらす

こんにちは。マーケティングリサーチアドバイザーの
渡邉です。

今日はタイトルにも書きましたが
『たった1枚のアンケート』があなたのビジネスに革命をもたらす
これについてお話しますね。

この話は、私、渡邉がマーケティングリサーチアドバイザーという
名のもとで活動している理由の原点です。

是非、最後まで読んでくださいね。

 

そもそもマーケティングとは何か?

それを説明するには『そもそもマーケティングって何?』という事を
きちんと理解しないといけません。

 

『マーケティング』って具体的に何の事か説明できますか?

 

漠然とした言葉なので説明しろと言っても
結構難しいのですよね。

ある人は『広告』の事をマーケティングというかもしれません。
またある人は『集客』のことをマーケティングというかもしれません。

実際に一般企業のマーケティング部を訪ねてみると
チラシを作っていたりテレビ広告を製作していたりします。

 

ですが正確に言うと、広告も集客もマーケティングの一部です。
広告(または集客)=マーケティングではないんですよね。

 

マーケティングを『病院へのお見舞い』に例えてみたら

お見舞いに何を持って行きますか?

私は講演などで『マーケティングとは何か?』を話す時
いつも「病院のお見舞い」を例に挙げて説明します。

 

少し話が脱線するのですが、ちょっと私の過去の話を聞いて下さい。

 

2005年秋の事なんですが、私、3週間ほど入院をしました。
『ラムゼィハント症候群』という病気なんですが、
一言で言えば「顔面神経麻痺」ですね。

 

顔の右半分が急に動かなくなるという何とも奇妙な病気です。
どうやら仕事のストレスが原因らしいのですが、
ただ、顔が動かないだけで体はピンピンしてるんです。

 

手術もいらない、ただベッドの上で3週間点滴を受けるという
何とも退屈な時間を過ごしたわけですが、
その時にある友人(A君)からもらったお見舞いが
一番記憶に残っています。

 

『みんなのゴルフ』という
当時人気だったPSP(プレイステーションポータブル)の
ゲームソフトでした。
友達数名でお金を出し合って買ったとのことです。

 

顔の半分が動かないだけで手足は至って正常。
ベッドの上で暇を持て余していた私の喜びは
相当のものでした。
ゴルフも大好きですし。

 

一方、他にもたくさんの友人が来てくれたのですが
みんなが持ってきたのはゼリーの詰合せや菓子折などの
食べ物類でした。

 

しかしこれらの食べ物、自分ではほとんど食べず
お見舞いに来てくれた他の人たちにあげてしまいました。
(わざわざ買ってきてくれた友人の皆さん、大変申し訳ないです)

 

実は顔面神経麻痺って結構不自由でして
口を動かすのも結構大変なんですよね。

 

だから麻痺している間はストローでジュースを飲むことが
できません。
口が動かないので空気が漏れてしまうのです。

 

せんべいなども、食べるとボロボロこぼしてしまいます。
味噌汁も満足に飲めません。
(食欲はあるのですが)

 

そんな状態なので、食べ物をもらっても実は困るのです。
(わざわざ来てくれた友人の皆さん、本当に申し訳ありません。
あとで菓子折持って謝りに行きます(笑))

 

しかし、そのPSPをくれたA君だけはその事を
きちんと察していたのです。

 

なぜならお見舞いに行く数日前に私の家に電話をかけ
妻に私の容態を詳しく聞き込んでいたんですね。

 

『どんな状態なんですか?』
『ベッドからは起き上がれるんですか?』
『食べ物は普通に食べられるんですか?』

 

などなど。
また、既にお見舞いに行った知り合いにも話を聞いて
何をプレゼントに持って行けばよいかを考えたのです。

 

プレゼントを贈る相手の情報を取る

さて、ここが超重要なポイントです。
A君だけ、なぜ喜ばれるプレゼントを用意できたのか?
それは『プレゼントを贈る人の情報』をきちんと把握したからです。

 

今その人を取り巻く状況、心境、他の人のお見舞いの品・・・
これらの情報を徹底的に調べたんですよね。

 

『私だって友人が入院したら、どんな状況なのか
きちんと情報収集するよ!』と思うかもしれませんが、
ではご自身の商売においてはいかがでしょうか?

 

個人も企業も地域も商店街もみ~んな本質は同じであり
綺麗事のようですが、常に相手が喜ぶことを考えて実行すれば
自ずと結果はついてくるはずです。

 

要するにビジネスであれば、
『何をすればお客様が喜んで買ってくれるか?』
という事を入念に考えるということです。

 

その為にはA君がやったように、
『お客様の情報を知る』事が絶対必要なんですね。

 

そして、その『お客様の情報を知る』為の手段が
マーケティングリサーチというものになります。

 

更に細かく言えば、そのマーケティングリサーチの中で
もっともポピュラーなものが『アンケート』なのです。

 

マーケティングを学問的に語れば

お客さんの事を知って、販売を不要にする

このサイトでは面白おかしくマーケティングリサーチを語りたいので
あまり学術的な話はしたくないのですが、
経営学者で世界的に有名なピーター・ドラッカーは
マーケティングの事を著書『マネジメント【エッセンシャル版】』の中で
こう言っています。

 

 

 

 「マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。」

 

 

要するに営業とか売り込みとかしなくても、
自然に「売れてしまう状態」をつくるのがマーケティングということです。

 

その商品やサービスをお客さんが目にした時
「ああ、これが欲しかった!」と思ってもらうようにすることなんですね。

 

そうすることによって始めてお客さんは財布の口を開きます。

 

少し難しい言い方をすると
『提示した顧客価値に対して対価を支払ってくれる』
という事です。

 

そのためには、お客さんが何を欲しているのか、何を望んでいるか、
何に価値を感じるのかという事を売り手が知らないといけません。

 

だからこそA君のような「リサーチでお客様の情報を把握する」という
行為が必要なのです。

 
さて、ここまで読んでいただきありがとうございます。
読んでいただいたという事は『マーケティングリサーチ』に少しでも
興味を持ってくれたという事ですよね。

 

もし今何か商売をされているのであれば
是非ご自身の『お客様』についてもう一度見つめ直してみましょう。

 

自分のお客さんが何を欲しているのか?
何か不満を持っていないか?
これがあるといいのに!と思っていることはないか?

 

という点ですかね。

あなたのビジネスを前進させる為、
マーケティングリサーチでお客様を見つめなおし、
『自然に商品が売れてしまう状態』を作ってしまえば、
あなたの人生は大きく変わると思いませんか?

 

大企業に関わらず、中小企業や個人事業主まで
ありとあらゆるビジネスにマーケティングリサーチを浸透させる事が
私の夢です。

 

1つ心に留めておいてもらいたいこと。

その為に何をすればよいかというと、手っ取り早いのはお客さんに聞く事です。
ドラッカーも「顧客に聞け」と書いています。

 

ですので、まずはご自身のお客さんから話を聞いてみて下さい。
必ずあなたの商売について何かヒントが見つかるはずです。

 

ただ、1つ心に留めておいていただきたい事があります。
それは、お客さん自身も自分が何を欲しているのか、
何が不満なのかが説明できなかったり、気づいていなかったりすることが
よくあるという事です。

 

また、今のお客さんだけでなく、それ以外の方にも意見を聞くことも
大変重要です。

 

これまでお客さんではなかった人がいるならば、それはなぜなのか?
以前はお客さんだったのに離れてしまったとすれば、それはなぜなのか?

そこにももっと大きなヒントがあるはずです。

 

ただ、お客さん以外の方に意見を聞くというのは結構難しいですよね?

だってそんな方々とコンタクトするのは難しいですし。

 

しかし、それを実現するのが『アンケートマーケティング』です。
しかもWebを使ったアンケートマーケティング。

 

これをマスターすれば、あなたのビジネスは大きく変わります。

 

Lactivatorでは、この『アンケートマーケティング』に特化して
そのノウハウの全てを皆様に提供いたします。

 

是非私と一緒に、あなたのビジネスを大きく前進させましょう!

 

※アンケートマーケティングのノウハウをメルマガで!

マーケティングリサーチ。
少しでも興味を持っていただきましたでしょうか?

あなたの知らないノウハウがまだまだ沢山あります。
面白くて奥深いマーケティングリサーチの種明かし。
中でもあなたのビジネスにすぐに役立つ『アンケートマーケティング』の世界。
もう少しのぞいちゃいますか?

⇒アンケートをあなたのビジネスの武器にする『アンケートマーケティング』メール講座

 

関連記事

代表プロフィール

Facebook

AX