【名言に学ぶマーケティングのコツ】秋元康の場合

「記憶に残る幕の内弁当はない。」 By 秋元康

 

突然ですがお弁当屋さんで弁当を買ったことがありますか?

今までの人生の中で一番印象に残っているお弁当は
何でしょうか?

私は数年前に地元のお弁当屋さんで食べたヒレカツ弁当が
印象に残っています。

ヒレカツ以外はほとんどおかずが無いのですが
特大のカツが弁当箱のど真ん中に入っていて
お腹が減っている時には一番のご馳走なのです。

 

もちろん、おかずの多さや豪華さという点で言えば
『幕の内弁当』が一番だと思います。

 

%e5%b9%95%e3%81%ae%e5%86%85%e5%bc%81%e5%bd%93

幕の内弁当の中には色々な物が入っていますからね。

しかし、結果的には美味しいものの
どういう訳か案外記憶に残る事はありません。

 

よく出来た美味しい幕の内弁当より
他におかずが入っていなくてもヒレカツがど~んとした
存在感を持っているヒレカツ弁当の方が記憶に残るのです。

 

つまりこれは言い換えると、幕の内弁当は何でも入っていますが
これと言った「売り」がないのです。

強いて言えば「何でも入っている」事が売りなのですが
ポイントが分散して記憶に残りにくいと言えます。

ヒレカツ弁当はヒレカツ以外が貧相であっても
きちんとした「売り」があります。

 

何かを人にアピールする時、もしくは人に何かを伝えたい時
何か「売り」になる中心的なことに絞って表現する必要があります。

思わずあれもこれもと詰め込みがちになってしまいますが
実はそれでは印象に残らないのです。

 

秋元さんがおっしゃっているのは、
みんなから愛されよう、みんなに合わせようとすると
逆にその人の個性(=売り)が無くなってしまうという事です。


通常どんな商品もそうですが
老若男女問わず万人に受け入れてもらえるような商品を
作ろうとすると、何が売りなのかがわからなくなってしまい
結局誰にも受け入れられないものができあがってしまう事が
多々あります。

 

  • きちんとターゲットとなるお客様を決め、
  • その人に買ってもらう為には
    何を「売り」にすれば良いのかを考え、
  • それに沿って商品をつくる。

これ、マーケティングや商品企画においては基本なのですが
商品を作っていると意外と皆さん、忘れます(笑)

上記の点をきちんとチェックしながら商品作りを進めましょう。

 

<秋元康>
1958年生まれ。作詞家、放送作家、音楽プロデューサー。
近年では、2005年に結成された女性アイドルグループ『AKB48』と
その姉妹グループの総合プロデューサーとして知られている。

2007年より京都造形芸術大学副学長を務めている。

 

※アンケートマーケティングのノウハウをメルマガで!

マーケティングリサーチ。
少しでも興味を持っていただきましたでしょうか?

あなたの知らないノウハウがまだまだ沢山あります。
面白くて奥深いマーケティングリサーチの種明かし。
中でもあなたのビジネスにすぐに役立つ『アンケートリサーチ』の世界。
もう少しのぞいちゃいますか?

⇒アンケートをあなたのビジネスの武器にする『アンケートマーケティング』メール講座

 

関連記事

代表プロフィール

Facebook

AX