マーケティングリサーチをやる前に「絶対」必要な3つの心構え

これまでマーケティングリサーチに関するテクニックやノウハウについてお話ししてきましたが、今日は『メンタル』についてお話ししたいと思っています。
要するに、あなたのビジネスに関してマーケティングリサーチを実施する前に、どんな心構えで臨めばよいのか?という事です。

『何だ、心構えか・・・』と思うかもしれませんが、これはかなり重要です(笑)

人間、やっぱりメンタルがしっかりしてないと結果は残せないモノです。

マーケティングリサーチを行う前に是非ご一読下さい。

 

心構え①:マーケティングリサーチは『投資』と思え

このサイトでは一人社長や個人事業主が自前で安価にできるマーケティングリサーチのノウハウを提供しています。

しかし、これはあくまで「安価」であり、「タダ」ということではありません。

メールやSNSを使って自分でアンケートを配布・回収するのであれば別ですが(ビジネスでアンケートを行うのであればあまりオススメしていませんが)、アンケートモニターパネルを使って調査をするのであれば必ずその費用がかかります。

また調査票(アンケート票)作成やデータ分析、報告書の作成を誰かに依頼するのであれば更にその分のコストがかかります。

 

私はこれまでにいくつもの中小企業や起業家の方々にマーケティングリサーチを薦めてきましたが、上記のような話をすると、『たかがアンケートにお金をかけたくない』とか、『お金がかかるならやりたくない』と言う方が多数いらっしゃいます。

 

そういう方に対してはある程度説得をしてしますが、あまり意見が変わらないようであればすっぱり諦めます。

 

マーケティングリサーチを行えば、自分のビジネスについて今まで気づかなかった事がわかるようになります。
そして、その結果を踏まえて次の一手を決めることができるはずです。

従いまして、マーケティングリサーチとは『自分のビジネスを良化させる為の投資』なんですよね。
そうです、『消費』じゃないんです。『投資』なんです。

ここを理解してくれない方が非常に多いのです。

マーケティングリサーチにかかる費用を『消費』だと思っていると、いつまで経ってもビジネスは前に進みません。
これに費やしたお金は必ず後で返ってくると信じましょう。

 

 

心構え②:「新しい発見を必ず見つける!」という気持ちを持て

私がマーケティングリサーチを行う時、準備をしている段階で必ず気を付けている事がこれです。
『この調査で、今まで知らなかったことを必ず見つけよう!』と思うことです。

当たり前ですが、リサーチをやったのに既に知っている情報ばかり出てきたのでは、せっかく『投資』したのに意味がありません。
だからこそ、リサーチの準備段階から上記のような気持ちで臨まないといけないのです。
これはアンケート調査でも、インタビュー調査でも一緒です。

ただ、単に心構えだけ持っていても新しい発見は見つけられないですよね(笑)
もう少し具体的に話をすると、マーケティングリサーチで新しい発見を得る為には、事前に『仮説』をたくさん持つ必要があります。

以前もお話しましたが、マーケティングリサーチには『仮説』が絶対に必要です。
例えば、皆さんが売上げの伸び悩んでいるカフェオーナーだったとして、その原因をマーケティングリサーチで明らかにしたい場合、必ず最初にやらないといけないのは『なぜ売上げが伸びないのか』の仮説を作る事です。

コーヒーの味が落ちたのか、ライバル店が何か強力なキャンペーンをやっているのか、そもそも一般的にコーヒーの人気が無くなっているのか・・・
考えられる理由はたくさんあると思います。
これらが『仮説』です。

そして、この仮説1つ1つを検証するようにリサーチを事前に設計する必要があります。

 

心構え③:出てきた結果は信じよ

最後に重要な心得として、出てきた調査結果はきちんと信じましょう。

これまでたくさんの会社や起業家の方のマーケティングリサーチに関わってきましたが、自分に都合の悪い調査結果が出てくるとそれを信じない・・・という人がかなり大勢いらっしゃいます。

調査結果を報告すると、
『ホントに?ちょっと信じられないなあ~』
『調査のやり方が悪かったんじゃないの?』
『この数字って本当にあってる?』
といった話になり、最終的には

『まあ調査結果は置いといて・・・』
と実施した調査そのものをなきものにしてしまう経営者の方。
これは「マーケティングリサーチあるある」です(笑)

私の場合、調査結果が悪すぎて報告した会社の社長さんに湯呑みを投げつけられそうになったことがあります。
もちろん、気持ちはわからなくもないです。
出てきた調査結果が自分にとって都合の悪かったり、想定外の事だったりすると、人間はどうしても目をつむろうとしてしまうのです。

しかしはっきり言っておきますが、調査方法に文句を言って何もアクションせずに成功した例は今まで1度も見た事がありません。
やっぱりリサーチの中で第三者が『ここがダメ』と言った部分はダメなのです。

『調査結果を信じる心』はとっても大事なことです。
この心を持っていないと、いくら時間とお金をかけて調査をやったとしても何の意味もないですからね。

調査はおみくじではありません。
おみくじならば例え凶が出ても信じなければいいのですが、マーケティングリサーチというのは第三者の方に中立的な立場で回答してもらった結果です。
信じてもらわないと困ります(笑)

非のあるところは認め、前に進むことを考えてマーケティングリサーチをやりましょう。きっと希望の光が見えてきますから!

 

※アンケートマーケティングのノウハウをメルマガで!

マーケティングリサーチ。
少しでも興味を持っていただきましたでしょうか?

あなたの知らないノウハウがまだまだ沢山あります。
面白くて奥深いマーケティングリサーチの種明かし。
中でもあなたのビジネスにすぐに役立つ『アンケートリサーチ』の世界。
もう少しのぞいちゃいますか?

⇒アンケートをあなたのビジネスの武器にする『アンケートマーケティング』メール講座

関連記事

代表プロフィール

Facebook

AX